読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No.20 妄想6 契約結婚

マニアックなブログへようこそ。
妄想シリーズも第6回目、今日は契約結婚です。

結婚をすれば、当たり前の様に一生を添い遂げなければならない。 それが不可能な理由が起きれば 離婚となる。

私達夫婦は かれこれ、来年辺りで20年を迎える。 結婚前も長い付き合いだったので、通算すれば25年は超える長い付き合いです。

相手に不満は無い。 普通にたわいもない会話をして、日曜日には家族3人で買い物に出かけ、ランチをする。

仲も悪くは無いのだけれど、 もしも!
もしも、日本の結婚自体が、契約だったとしたら…

【ここからが 妄想です。】
結婚は最初の3年間は 無条件に更新出来ない。
以後、2年に一度の更新制度。

それが当たり前の世界になり、まるで車検の様に…はたまた、スマホのサービスの様に…

奥様A「あら?奥様、お宅乗り換え時期?」
奥様B「そうなの!もう2年たったのよ。」
奥様C「私なんて2年まで後、3ヶ月長いわ〜
今度の旦那様 失敗したわ〜 」

旦那A「 契約が近いから 女房に媚び売って
バックでも買ってやって、更新して
もらうよ。」
旦那B 「ウチは乗り換えだな。もう少し若い
のにする」
旦那C 「乗り換えたいが、いい候補が無い
次の契約までに 現れればいいが」

契約結婚が当たり前ならば、更新をするかしないかで、もう少し離婚も気軽になるし、
バツ1 、バツ2 どころか、バツ10、バツ15なんて事にもなるかもしれない…

この契約結婚だと、子供達が困ってしまう。
2年毎に乗り換え夫婦で、その都度子供が増えてしまえば 収集がつかなくなってしまう…。

やっぱり、契約結婚と言うのは非現実的な話だな…。



ここまで書いておいて、何だけど、
別に、私は離婚を考えている訳では無い。

スマホの機種変更の様に 気軽に結婚相手が替えられたら、どうなんだろうかと、妄想してみました。

広告を非表示にする